読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

充実

ひょんな事から「充実」という話になり
自分が今まで生きてきて「充実」したなあと思ったことが
見当たらない事に気づく

私の充足された気分でいたのは
父親が生きていた幼少の頃だった気がする

「充実」をキーワードにいくら想像をしても
幼少の朧げな記憶しか出てこない

なんだか空しい

父親が死んだ後の記憶は
今日の記憶さえ
なんだか白いもやがかかっているような感じだ

なんだか私は父親の死と同じ頃
自分の中で何かが死んでしまったような気がする

やっぱり空しい