読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一企業ではないぞ

少し前にニュース番組で街のサラリーマンに
震災と原発の件でインタビューをしたところ
東京電力を「一企業」と言っていたのがとても印象的だった
そして首都圏のマヒ具合はここまで進んでいるのかととても驚いた
言い方悪いですね、良識の人の方が多いと思います

電力会社は「会社」という形態をとってはいるが
「会社」という「企業」よりも公共性が強く
田舎に住んでいると良くわかるのだが「官」並みなのだ

首都圏の大企業からみると東京電力は電力供給を独占し
安定して収入を得ることができ
ひょっとするとズルイ会社に見えるのかもしれない

しかし、田舎で電力のことを考えると
果てしないほど遠くから山の中を延々と送電線で電力を送り
延々と保守を続け、安定して電力を送り続けている
非常に公共性の強いものだと感じることができる

福島原発に関わる補償などは
東京電力だけでは補えないことは想像できる
税金の投入はしょうがないことだと思う
被害に会った人の救済を一番に考えなければならないからだ

だが、やはり主たるのは東京電力であるのだから
税金の投入の方法は少し考えた方がよい
東京電力のテリトリーにある自社の原発での事故なら
税金の単純な投入はしょうがないところなのだが
東北電力のテリトリーに建てた原発であることが
解せない状態を作っている

私は経済や税金のことはとても疎いのだが
国から東京電力のエリア内の都県、市町村に下りる税金
地方交付税とかいうやつなのか?)
から少し按分して捻出してもらわんとすっきりしないよなあ

と思ったのさ