読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

普通に

震災に同情や応援したい気持ちは良いことなのですが
普通に生活できるところでは普通に生活しましょう


支援の意味で各所で節電が実施されておりますが
パチンコ屋やホームセンター、スーパー等の大看板の
照明を落としているところが目立ちます
私は捻くれた人間なので
これはその会社が善意の意味で行うが
今後も節電、省エネ、エコの意味合いでずーっと
照明を落としかねないんじゃないか!?
経営陣は経費が削減されて喜んでいるんじゃないか!?
と思ってしまいます


自粛すべき雰囲気もわかりますが
知床のあるホテルは今シーズンの営業を諦めたと報じられました
これは大変な事です
ただでも瀕死の日本の経済がもっと悪くなっていきます


震災の直接被害にあったところだけでなく
震災に直接影響のない他の場所でも
連鎖的に多大な被害が生じることになる
風が吹けば桶屋が儲かる」の逆もまた然りです
普通に生活して差し支えない場所の皆様
行きすぎる節電や自粛になってないか
少し考えてきみましょう


本当に信じられないほど大きな震災なのですが
国中で信じられないぐらい大きな抑制をしていると
いずれ自分のところに返ってきて
復興の微力にすらなれないようになり
それが却って復興を滞らせることにもなりかねません


被災地を見守りつつも変わらず普通に生活することも
復興の助けになるんですよ