読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーディオ(6)


H.H. Electronic の VX-150 を手放したきっかけは
エレキットの TU-879S 真空管アンプキットを作ったからだ
どっぷりのマニアさんから「そんなのじゃだめだよ」
って言われそうだけど
いやいや十分満足のいくものですよ


おそらく、トランジスタアンプの方が優れている面は多いと思う
だけど真空管は圧力が違うのかなあ、押し出しがいい感じ
年取ってジャズも聴くようになったからこれでいいさ


その前に、PC用のアクティブスピーカーをパッシブにして
アンプを秋月で 1W×2のD級アンプキットを買って
PCから連動のDCを取り出して利用
これ、かなり節電になるのでとてもいいです
そしてこのアンプの音、かなりいいね
チップの出力から直接スピーカーに接続しているせいか
すごくクリアな音質です
単品で、BGM用にも組んでみたのだけどそのときは物足りなかった
PCのサウンドチップと相性がいいようで
PCでMP3を出力した方が、何故か音が良く感じる
入力ゲインのせいだろうけどね


真空管アンプはとても良いのだけれど
夏場の発熱が嫌だったり、ウォームアップの時間
地球環境のことを考えるとD級アンプに軍配があがるので
普段はTOPPINGのTP10mark4にした


D級アンプは解像度が高いのだけれど
Edifierのマイルドさで相殺してとてもいい感じです