車の前照灯

2006年1月からの製造した車の前照灯(ヘッドライトだけ)には
イエローバルブは付けてはいけないらしいです


最近の流行は色温度の高い青白いヘッドライトが主流だが
これは一見明るく見えるが
純正で多い昼光色のライトも明るさはそれほどかわらないと思う
青白い光の方が明るく見えるということなんだろうね


数年前色温度の高いバルブが安くあったので使ってみたところ
一見明るくは感じますが安物のせいか純正の方が見やすいなと思った
私の住む北海道では冬に道路と路肩の積雪の区別がつきにくい時が多々あり
色温度の高いバルブからの光は乱反射してその境界はなおのことわかりにくくなる
冬だけじゃなく雨の日も路面の反射光が拡散しているのか余計に眩しく感じるよな


そこで昔流行ったイエローバルブ!と思ったら
そんなことになっていました
自分のは該当しないから付けられるようですけどね


確かに黄色と青白いものでは
夜間の乾燥したアスファルト
においてはアスファルトはより昼間のような色で見えるけど
それが視認性がよいとは限らない


僕がその青白いヘッドライトを付けていたときには
映したものとそれがつくる影の見え方が妙に不自然で
すごく違和感たっぷりでした


昔から疑問だが
車の前照灯に関わる保安基準の改正はよくわからない事が多い


必要ないのにフォグランプを付けて走っている車
前照灯は下向きに照らすのだがフォグランプは違うのだよ
自分の目先が明るくなるからといって点けないでくれ
眩しいのだ


リアフォグの付いた車
フロントフォグを点けるとリアも点くのだよ
すごく眩しいんだよ!
目が痛くなるんだよ!


光軸の狂っている車、その光で目が痛くなってしまう
それが原因で事後になったときは僕は君を訴えられるのか?


本来なら車の照明に関してはそういうことをきちんとして欲しいものだ
まあパトカーもいつもフォグ点けて走ってるからね…。


ライトを一つ点けると単純に一つ60W程度とすると
普通は2つだから120Wぐらいエネルギーを消費することになる
省エネと温暖化対策に不必要な明かりは消しましょう
他人に迷惑はかけないように努力しましょう




本当に色温度が高い方が良いというなら
トンネル内の照明は何故あの光なのでしょうね
あれはナトリウムの単色光で…


車のヘッドライトと逆です。