読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ACアダプタ

そういえば最近、数年前から
電子、電気機器って
ACアダプタものが多い


おそらくPSE法の影響なんだろうなあ
本当になんのための法律かわからないなあ


ACアダプタは作る側には利点がたくさんあるかもしれないのだけど
使う側にとってはいいところはないのだ


コンセント差し込み部の質量が大きい
コンセント差し込み部の容積が大きい


コンセントに差し込むだけで電力を消費していると思われる
発熱してるからね


AC/DCコンバーターをコンセント部に持ってこない場合
ケーブル途中に質量がある
取り回しに不便


こまめにコンセントを抜き差ししようとすると
その質量のせいで
通常のコンセントより耐久力は劣るだろう
動かすことによりその細いケーブルが
損傷を受けるのは早いであろう


待機電力や抜き差しが気になるなら
スイッチ付きのタップにすればよい
と言うのは簡単だが


電源をとるために壁のコンセントから
タップに電源を供給し
タップから各機器に電源を供給する
という図式ができると


電源をとるためにタップというもうひとつの機器が必要になる


ACアダプタについて一つ考えてみても
差し込んだままだと電力を消費する反エコで
スイッチ付きタップを使うことによって
タップに関わる資源を消費する
電源の入/切はタップで行う
そして機器にも電源スイッチはたいていの場合ある


本末転倒