読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カタカナ

 この日本にはまあ外来語をカタカナで言っちゃったのが多いこと。
 かくいう私も使いますけどね。
 できるだけ使わないように頑張ってはいるんですけど、どうしても伝わりにくかったりするわけです。 前回書いちゃいました「スポイル」反省してます。


 私の考察によるとこの外来語カタカナが日本人に英語を嫌い若しくは苦手にさせる原因になっているように思います。現に私がそうです。例えば「コップ」、小さい頃から「コップ」というカタカナ発音に慣れているため「cup」とは言えないんです。「コーヒー」というカタカナ発音に慣れていて「coffee」とか「cafe」とか言えないんです。いや言っているんですけど、外国の方には伝わらないんですね。しかも「リラックスして喋ってくださいね」といわんばかりの笑顔で「もう一度」と言われると典型的な日本人である私は余計に言えなくなるんです。そんなことは何度も経験しました。そして外国語を喋ることがだんだん嫌で億劫になっていくんです。
 それでも頑張ればいいのはわかるんですけど、普段外国人と接する機会が殆どないので諦めるんですよね。


 バブル(泡景気とかでいいじゃん)の頃、テレビでよくインテリ(知的、知識人)が出てきてカタカナの羅列をしてました。普通の人がよくわからない言葉を多用することで、「凄いな」と思わせていました。私も少なからずだまされていたと思います。その時「凄い」、「インテリって偉い」と思ってしまい未だ修正できずにいる人がたくさんいますね。
 いつだったかテレビのドラマで「これから定例のカンファレンスを行います」とかいう台詞を聞いたとき思わず「ばかじゃねえの?」とテレビに向かって言ってしまった。ついつい叫んだ。「会議でいいべや」(訛った!)。


 無理に外国語を使うことなんか必要なく立派な母国語があるなら母国語を使えばいいじゃないか。何故わざわざ外来語カタカナで喋るんだ。


 今の日本人は外来語から日本語を作ることをやめたね。完全なアメリカかぶれだな。


 「和のスタイル」…和なんだか洋なんだか。

 だんだん熱くなってくるのでこれで。